形成外科で扱う疾患


色素性母斑

1. 疾患の解説

色素性母斑は黒褐色のあざで、ほくろのような小さなものから、巨大なものまで大きさは様々です。母斑細胞が表皮と真皮の境目もしくは真皮の中に存在して、メラニン色素を作り出すために、褐色ないし黒色に見えます。時には毛が生えたり表面がでこぼこすることもあります。小さな色素性母斑は悪性化することはあまりありませんが、巨大色素性母斑はより高い確率で悪性化し、皮膚癌のなかでも最も治りにくい悪性黒色腫になると言われています。足の裏や手のひらのほくろも悪性化しやすいと言われますが、それほど頻度は高くありません。

Pagetop

2. 治療法および治療により期待される結果

直径数mmまでの小さなほくろは電気やレーザー(炭酸ガスレーザー、エルビウム・ヤグレーザーなど)でほくろ全体を焼き取る方法治療や、メスまたはパンチを使ってくり抜く方法が一般的です。悪性化の心配がある場合はくり抜いた組織を病理検査します。くり抜いたあとは通常は縫合せず、傷が自然に治るまで約2週間軟膏治療を行います。治った直後は赤みのある傷跡になりますが、徐々に色が薄れ数か月経てば目立ちにくくなります。

数mm以上の場合は紡錘形に切除して縫い合わせる方法が一般的です。さらに大きい場合は、2、3回に分けて少しずつ切り取って縫い寄せる方法もあります。縫い寄せるのが難しい場合、周囲の皮膚を移動(局所皮弁)して傷をふさぐこともあります。局所皮弁でふさぐことができない場合は、皮膚移植(植皮)しますが、移植した皮膚と周囲の皮膚とは少し色合いが異なるので手術後の整容性はやや劣ります。そこで最近はシリコンでできた袋(ティッシュー・エキスパンダー)を母斑周囲の皮下にあらかじめ埋めておく手術方法がよく行われます。エキスパンダーに少しずつ生理的食塩水を注入して上の皮膚を伸ばしてから、エキスパンダーを取り出し、母斑を切除後、伸びた皮膚を引き寄せて傷をふさぎます。

悪性化のおそれのない場合は、メラニン色素に選択的に作用するルビーレーザー、Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・アレキサンダーレーザーなどを使った治療も行われます。ただし、母斑細胞は残るため、数回レーザー治療しても完全に色を消褪させることは難しいです。

Pagetop