疾患紹介~こんな病気を治します!


褥瘡、難治性潰瘍

1.褥瘡の発生原因

褥瘡は「床ずれ」とも呼ばれ、身体の骨突出部で皮膚や皮下の組織が自分の体の重さで圧迫されることによって局所の血流が遮断され、その部位の組織が壊死に陥り、皮膚潰瘍を生じたものです(図1,2)。

麻痺や、老衰、活動性に影響を及ぼすその他の疾病によって自分自身で体位の変換が不可能な患者さんによく見られます。局所に加わる圧迫の強さによって、褥瘡発生までの時間は異なりますが、通常、圧迫の継続時間を2時間以内にとどめれば発生を予防できるとされています。

Pagetop

2.部位

長時間横たわった姿勢でいると臀部の正中部(仙骨部)、かかと、肩甲部、後頭部など背中側の骨が突出している部位に荷重が集中し発生します。対麻痺、四肢麻痺などの患者さんの場合は長時間の車椅子などが原因となり臀部下方の坐骨部に発生することもあります。

図3
図3

Pagetop

3.分類

褥瘡は深さおよび創面の色調による2種類の分類方法があり、治療方針を決定するために重要な指針になります。幾つかの分類法がありますが、Sheaらはおおむね以下の4グレードに分類しています。(図4

図4
図4

  • グレード1:表皮の損傷、皮膚の紅斑と硬結
  • グレード2:全層皮膚損傷
  • グレード3:皮下組織、深在性筋膜までの損傷
  • グレード4:筋肉、骨、関節にいたる損傷

Pagetop

4.治療

治療の基本は、褥瘡部への荷重を軽減して血流の改善を図ることです。2時間毎に規則的な体位変換を行い、褥瘡創面が長時間ベットと接触しないようにします。エアーマット、ウォーターベットあるいはエアーフローティングベッドを使用して荷重の分散を図ることも有効です。全身性の病気があって、栄養状態が悪い場合などはきずの治りが悪くなるため、栄養の改善を図ることも重要です。

保存的治療(外用薬剤および創傷被覆材):近年種々の皮膚潰瘍治療剤および創傷被覆材が開発されておりますが、1種類の薬剤や被覆材で全ての褥瘡を治療することは不可能であり、創の状態にあわせて適切なものを選択します。

外科的治療:

図5
図5

重症の褥瘡の場合には、保存的治療法のみでは十分な治療効果を得ることができないこともあります。このような場合には壊死した組織の切除手術や、植皮術、種々の筋弁、筋皮弁、筋膜皮弁などの方法を用います。部位や程度によっての術式は多岐にわたりますが、仙骨部に対する大臀筋皮弁移植術などは一般的な治療方法として広く行われています(図5)。
外科的な治療方法は患者さんの基礎疾患とその疾患の将来の回復の見込み、年齢、合併疾患の有無(糖尿病、動脈硬化症、肥満)、麻痺の有無、全身状態、リハビリテーション、褥瘡の大きさなどを総合的に考慮して、術後再発が少なく、患者さんへの負担の少ない方法を選択します。

Pagetop