疾患紹介~こんな病気を治します!


手、足の先天異常、外傷

合指症

合指症とは

隣り合った指の一部または全部が癒合(くっついている)指の形の異常です。皮膚と軟部組織だけが癒合している皮膚性合指と、骨まで癒合している骨性合指に分けられます。

また、癒合の高さにより部分合指と完全合指に分けられます。発生頻度は多指症についで多く、手では第3-4指(中指―環指)間、足では第2-3趾間に多く発生します。

治療法

一般的には生後1歳前後にくっついている指の分離手術を行います。軽度の症例では、周囲の皮膚を用いて分離を行います。

しかし、多くの場合、皮膚が足りなくなりますので、足のくるぶし付近や足の付け根などから皮膚移植をします。

治療の効果

皮膚性合指では合指の分離によりそれぞれの指の動きは良好に獲得できます。

合指症の分類
合指症の分類

完全合指や骨性合指では変形や動きの制限が残る場合があります。また、成長に伴ってきずあとのひきつれが生じることもあるので、修正手術が必要となる場合があります。

   

Pagetop

多指症

多指症とは

正常より指数が多い状態をいいます。過剰指が完全な指の形をしているものから、小さなイボのようにわずかに突出しているものなど様々なタイプがあります。手足の生まれつきの異常のなかでもっとも頻度が多く、手では母指に多く、足では小指に多く見られます。

治療法

一般的には1歳前後に手術が行われます。余剰指が指先から指の付け根のどの場所からわかれるかで手術方法は異なりますが、多指症の手術では、単に余剰指を切除すればよいのではなく、2本の指から動きも見た目も健常の指に近い1本の指を作ることが重要です。母指を外側に開く筋肉を付け替えたり、骨を切って角度の調整をすることがあります。足の場合では小指に多いこともあり、動きの機能を直すというよりも見た目の形態を整えることを目的として手術が行われます。

治療の効果

多指症の術前・術後
多指症の術前・術後

多指症の形によって異なりますが、幼少時期の手術であるため、成長に伴い爪の変形や指の曲がりなどが生じる場合があります。変形の程度によっては、追加の修正手術が必要となる場合があります。いずれにしても手の専門医のもとで適切に治療がなされれば十分に機能する指の獲得が可能です。

Pagetop

多合趾症

多合趾症とは

趾(足指)が2本以上に分かれており、さらに隣接する趾がくっついている、多趾と合趾を合わせたような状態の先天異常です。足の第5趾に発生することが多く、足の先天異常のなかでは最も頻度が多い疾患です。

治療法

一般的には1歳前後に手術が行われます。第4-5趾間の癒合(くっついている部分)の分離を行い、過剰趾または発育の悪いほうの趾、あるいは合趾を伴っている趾の切除を行います。皮膚が足りない場合には足のくるぶし付近や足の付け根などから皮膚移植をします。

治療の効果

多合趾症の術前・術後
多合趾症の術前・術後

手術により良好な形態を獲得することが可能です。成長に伴って趾の曲がりやきずあとのひきつれが生じることがあるので、追加で修正手術が必要となる場合があります。

Pagetop

切断指再接着

切断指とは

指が切断された場合、切断された指の血行を再開させる再接着手術を早急に行わないと、壊死してしまいます。切断指は、まず湿ったガーゼで包んでからビニール袋に入れます。さらに、ビニール袋を外側から氷水で冷やした状態で保存することが重要です。適切な処置を行った後、できるだけ早急に微小血管吻合(顕微鏡を用いて細い血管を繋ぎ直す手術)ができる形成外科医や手の外科医が勤務している専門病院に連絡をしてください。

手術方法

切断指~骨・腱・神経・血管縫合~再接着術後まで
切断指~骨・腱・神経・血管縫合~
再接着術後まで

切断部の損傷の強い部分を切除し、骨の固定および腱(指を動かすすじ)の縫合を行い指の全体的な形態を治します。次に、血管(動脈と静脈)と神経を縫合しますが、直径0.5mmから1mmと極めて細いため、手術用顕微鏡を使い、特殊なピンセットと糸を用いて縫合します。最後に皮膚を縫合します。

再接着ができなかった場合の各種治療

切断指の状態が悪く(例えば、損傷の程度が強い場合や、切断された指が見つからない場合など)再接着ができない場合や再接着が不成功となった場合では、皮膚をずらしてきずを閉じたり、骨を短くしてきずを閉じる処置をします。このような場合、後日、足指を移植して、指を作ることも可能です。

Pagetop